泉 胃腸科医院

アクセスカウンタ

zoom RSS 御用納め&2014年を振り返って

<<   作成日時 : 2014/12/30 10:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

12月27日で泉胃腸科医院の2014年の仕事が終了しました。大過なく過ごせたことの大事さと安堵感そして幸せを感じています。

今年1年を振り返ると、スタッフは看護師の末永さんが山口に転居のため退職、代わりに二人の看護師さんが入ってきてくれました(一人は現在育児休暇中)。看護師7人、事務職3人、掃除のおばちゃん一人、合計10人で当院を支えてくれています。職員の皆様、1年間お世話になりました。ありがとうございました。

今年の秋にはホームページを立ち上げました。「最新の医療機器で、人に優しい医療を」をテーマに病院紹介やコラム欄などを掲載しています。少しずつ充実させていきたいと思います。

診療時間を変更しました。上部、下部消化管内視鏡検査の希望者が増え、待ち時間を少しでも短くして検査をできるようにするために、月曜と水曜の午後は内視鏡検査のみの日とすることにしました。一般外来の患者さんにはご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いします。

島根大学・医学部の第2内科から毎週木曜日に長男が、月2回の土曜日に石村先生が診療の応援に来てくれて、本当に助かっています。両先生、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
長男は大腸内視鏡検査で私を追い越そうと必死に頑張っています(まだまだ負けるわけにはいきません)。
また、来年1月からは木曜、土曜の午前の受付を12時までとすることにしました。

今年の内視鏡症例は上部が1899例、下部が1390例でした。発見癌の傾向は昨年と同様に大腸癌が早期、進行癌が増加しています。胃癌ではピロリ菌除菌後の胃癌が3例ありました。除菌後でも安心できません。

近年、胃カメラでは鼻からの検査を希望される方が増えていきました。また、松江市の胃がん検診希望者も多くなり、来年はフジノンの新しい経鼻内視鏡(RESEREO)を購入する予定です。

12月には念願だった「松江市ヘリコバクター・ピロリ研究会」を立ち上げることができました。この会を通してピロリ菌の知識を共有、市民に発信することができます。胃癌の撲滅に向けさらに一歩を踏み出したと考えています。立ち上げにさいしてはT社のYさん、お世話になりました。

今年は久しぶりに論文を書きました。「高齢者の下部消化管内視鏡検査の臨床的検討」、「二酸化炭素ガス送気による大腸内視鏡検査の臨床的検討」の2編でしたが、診療の合間や夜なべ仕事で何とか書き上げました。来年は「ヘリコバクター・ピロリの除菌症例の検討」と「介護施設職員のヘリコバクター・ピロリ感染の現状」を予定しています。

プライベートでは今年は孫が3人生まれ、ついに孫が7人になりました。名前を覚えるのが大変です(時々間違えます)。私の体調は10月頃から回復、最近では体重が増えすぎてダイエットをしている状態です。「ハッパ厄」を何とか乗りきりました。

年末年始は例年よりは休暇が多く(12/28〜1/4)、患者さんには申し訳ないですが、ゆっくり休んで新年に備えたいと思います。来年もよろしくお願いします。

最後に忘年会の写真をアップします。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御用納め&2014年を振り返って 泉 胃腸科医院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる